北勢地方卸売市場は私たちの食生活に欠くことのできない青果物、水産物を、地元をはじめ全国各地から集荷し、適正な価格で安定供給するために、昭和54年に民間卸売市場を統合して、卸売市場法に基づいて開設されました。
生鮮食料品は一般の商品とは異なり、長期保存が困難でありそのうえ生産が天候に左右されやすいなどの理由で供給量が大きく変動し、価格の動きも激しくなる性質があります。
このため、生産者には安定した販路の確保、小売商には安定した仕入の場を提供することにより消費者の食生活の安定に寄与することを目的としています。

更新情報

今年の「いちばの朝市」開催が決定しました

普段一般の方は入場できない卸売市場の魅力を、この機会に是非体験して下さい!!

詳細は、決定次第随時お知らせいたしますので、みなさん予定を開けて是非遊びに来てください

日時:令和5年12月10日(日)あさ7時~おひる12時00分まで
※雨天決行