北勢地方卸売市場は私たちの食生活に欠くことのできない青果物、水産物を、地元をはじめ全国各地から集荷し、適正な価格で安定供給するために、昭和54年に民間卸売市場を統合して、卸売市場法に基づいて開設されました。
生鮮食料品は一般の商品とは異なり、長期保存が困難でありそのうえ生産が天候に左右されやすいなどの理由で供給量が大きく変動し、価格の動きも激しくなる性質があります。
このため、生産者には安定した販路の確保、小売商には安定した仕入の場を提供することにより消費者の食生活の安定に寄与することを目的としています。

更新情報

年に1度の「いちば大解放」\(^o^)/
今年は12月2日(日)に開催します!!
ぜひ、「いちばの朝市」にぜひお越し下さい。
ほくせい市場関係者一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております!!

「新鮮な青果・水産物販売」、「まぐろの解体ショー(解体まぐろ販売)」、「青果物袋詰め放題」、「模擬セリ」、「四日市アコギ倶楽部ライブ演奏」「こどもいちば探検隊」、「こども釣りゲーム」、「お買い物スタンプラリー抽選会」、「風船プレゼント(先着1,000名)」、「美味しい飲食店舗」などイベント盛りだくさんです。
みなさん予定を空けて是非遊びに来てくださいね!!

平成30年12月2日(日)※雨天決行
7時から12時00分まで